ConceptConcept

-

【ArchiTekのテーマ】

ヒトの五感を拡張し
社会問題を解決する

わたしたちは日々、五感を働かせて生活しています。ヒトの五感は体調やメンタルによって変動があり安定しないものです。
AiOnIc がスマートフォンや街の防犯カメラなど日常生活の様々なデバイスに実装されると『ヒトの五感を拡張する』ことが可能となります。

たとえば、スマートシティで死角から子どもが飛び出す前にドライバーに知らせて事故を防いだり、スマートファクトリーで危険区域への立入警告や自動検品、AGVの自動航行、スマートストアで売り場案内やお困りの方にお声がけするなど、身近な「お困りごと」を解決する事ができます。

街中にある様々な機器をつなぎ、日々起こりうる様々な社会問題を解決し、人々が安心して健やかで快適に暮らすことができる社会をつくる。それが ArchiTek が描きたい未来です。

街中のセンサーが賢く
連携する時代を創りたい

街中のセンサーからのデータを処理して、メタデータ(言葉や数字などで表現できる情報)に変換することで「欲しい情報」を「欲しい人」が「欲しい時」に入手することができます。また5Gや6Gのデータ通信量が大幅に増大し、クラウドやサーバーだけでは迅速に処理することが難しく、メタデータだけを通信すれば、セキュリティの向上にもつながります。

低価格、低遅延、低消費電力のAiOnIc を世界中に広げ、 エッジでデータ処理することが至極当然な時代を創りたい。エッジが変われば世界が変わる。わたしたちはそう信じています。

-

目指すのは
『Edge to Edge』の世界

テクノロジーの進化はわたしたちの暮らしを飛躍的に向上させました。一方で新たな社会問題が生まれ、経済格差や貧困といった問題だけでなく自然環境や気候変動など、世界の人々にとって持続可能な社会を築くためには乗り越えなくてはならない問題が山積しています。

わたしたちは『ヒトの五感を拡張し社会問題を解決する』をテーマに、街中のセンサーが賢く連携する時代を実現し、Edge to Edgeの世界を創造することを目指し、世界中の人々がより安心して快適に日常生活を過ごすことができる日々に貢献していきます 。

-